カラーコーンの種類について

3
カラーコーンは何かの目印に置くことが一般的です。
ですからより目立つ大きさが好ましいといえるでしょう。
とはいえ置ける場所は限られているので、基本的には大きすぎず小さすぎずといった大きさがある意味規格とされています。
一般的には1メートル弱のタイプが最も多いのではないでしょうか。
この大きさは工事現場であったり学生時代の体育などで使われる大きさなのでよくご存知かと思います。
さて、実はカラーコーンにはいろいろな大きさがあるということはご存知だったでしょうか。
一般的なサイズは大人の腰より少し低いくらいですが、現在は更に小さいサイズがいくつもあり、最小では10センチ程度のカラーコーンも存在しています。
小さいサイズのカラーコーンは意外と需要が高く、置きやすさを売りにしているようです。
また逆に2メートルを超える大きなカラーコンも登場するようになりました。
こちらは本当の目印に使われていますが、大きなイベント会場を示すときに使われたり、大勢の人がいる場所でのポイントに使われているようです。
大きさについてもいろいろな種類があるということは、認識しておきましょう。

2
カラーコーンの色を調べてみました。
実際に調べてみるとクレヨンとまでは行かないまでも、実にいろいろな色のカラーコーンがあります。
当然「赤」が主流ですが、「黄」や「青」といった一般的な色から、「黒」「紫」などのカラーコーンもあります。
カラーコーンは使用上「目立つ」ことが前提とされているのでカラーとしては濃い色が多くなっています。
ただ、用途が豊富ということや、景色によっては「白」などが逆に目立つ色となることもあるので、そういった色のカラーコーンも存在しています。
また、水色や黄緑などの比較的薄い色のカラーコーンを作る際も光沢を入れたり、太陽光が反射しやすく色目が良く目立つような素材を使用していることがわかります。
元々注意の意味で作られたという説が強いため、赤や黄のカラーコーンが多かったのですが、その利便性ゆえにいろいろな色が登場してきたと言えるでしょう。
現在では、単色だけではなく縞模様であったり、チェック柄なども登場していることから、今後は様々なバリエーションのカラーコーンが登場してくると言えるでしょう。
色にも注目していくと新たな用途を発見出来るかもしれません。

1
カラーコーンは最近非常に種類が増えました。
カラーコーンは手軽でいろいろな用途があるということもあり、需要が高まってきていることから、この傾向は必然といえるかもしれません。
種類は増える一方ですが、形としては、円すい型のいわゆる三角コーンがメインです。
これは、用途上立てて使うことが多いので、バランスの問題であったり、細かくはいろいろあるのですが、多少高さが違うだけでいわゆる規格化していると言えるでしょう。
ちなみに他の形を見てみると、丸や四角というカラーコーンはほとんどなく、三角形を少し変形した形がいくつかあつ程度となっています。
もちろん特別仕様はあるので、いろいろな形が実在していることは否定出来ませんが一般的なホームセンターなどで手に入れることが出来る形としてはやはり三角コーンが圧倒的に多いですね。
ちなみにカラーコーンにはカラーバーが付属品としてよく使われます。
カラーバーは黄色と、黒の縞模様の某で工事現場などでよく見かけると思います。
このカラーバーについてもある程度規格化されていて、ほぼ同じ形となっています。