カラーコーンの使い方

5
禁止区間を示す際もよくカラーコーンが使われていますよね。
最もよく見かけるのが駐車場ですね。
駐輪場はとにかく無法地帯になることが多く、きちんと整理しないと肝心なときに利用でいないスペースとなってしまう場合があります。
特にスーパーマーケットなどでは、違法駐輪などもあって、肝心なお客さんが駐輪できないということもよくあります。
それから、狭い道路に停車している車のせいで救急車が通行できないというような事例もあります。
こういった場合もカラーコーンを置くだけで非常に大きな効果が得られます。
カラーコーンを置くことですのスペースを確保出来ると言う利点もありますし、何かを示しているというメッセージを伝えることが可能になります。
実際に何も無い場所にカラーコーンをおくだけでも注目を浴びたり、人が避けて通るようになる効果も見られますよね。
いろいろな使われ方をするカラーコーンですが、人の役に立つような使われ方が多いというのが一般的な認識ではないでしょうか。
禁止区域を示すことで誰かが監視しなければならない場所をカラーコーンが担当してくれるというメリットも大きな点ではないでしょうか。

4
カラーコーンの使われ方として最も多いのが目印ですね。
目印として使われるので目立つように作られていますからね。
またカラーコーンの場合は、形状からも置きやすく錘などを使うことで動きにくくもなるので非常に重宝されています。
特に良く使われる目印が工事現場かもしれません。
工事現場を示す目的としては、危険な場所ということになります。
工事自体は危険ではなくてもそれを示すことと意識付けさせたいということですね。
例えば水道工事をしている場所を示しておかないと夜などは、マンホールに落ちてしまう可能性もあるわけです。
それから、最近ではカラーコーンのバリエーションが増えたことからイベント場所などを示している店舗も目立ちます。
例えばセールコーナーなどに大きめのカラーコーンを置いて目立たせる工夫をしていたりしますね。
カラーコーンを注意という先入観があるので、導入当初は、戸惑いを見せる人も多かったようですが、徐々にカラーコーンイコールイベントという認識をもたれるようになっているおうです。
カラーコーンはいわゆる人の代わりになるという意味で非常に重宝されているというところではないでしょうか。