スピード強化トレーニング

8
カラーコーンを使用したトレーニングは数多くあしますが、ここではスピード強化に特化したトレーニングをご紹介します。
スピードをつけるためには、当然スピードを出すトレーニングを行わなければなりませんが、最も意識して欲しい能がふくらはぎの筋肉と言えます。
単純に現在走るような競技を行っていない人に町内会の運動会で1等を取らせるためだけであれば、足の使い方、手の使い方を指導するだけで良いのですが、何かの競技をやっているという場合、根本的な筋肉の改善を行わなければ一定値以上効果を生み出すことは困難と言えるでしょう。
さて、具体的な方法ですが、カラーコーンを5~10メートルの間隔で設置します。
出来れば3本のカラーコーンを使用します。
1本目のカラーコーンからスタートし2本目のカラーコーンを過ぎるまで全速力で走り3本目のカラーコーンで必ず停止します。
2本目から3本目のカラーコーンの間は惰性のスピードで走って構いません。
このトレーニングは全速力と急停止によるものなので、さほど距離を長くする必要もなく、手軽で効果の大きいトレーニングとなっています。