目印に使うことが多いカラーコーン

4
カラーコーンの使われ方として最も多いのが目印ですね。
目印として使われるので目立つように作られていますからね。
またカラーコーンの場合は、形状からも置きやすく錘などを使うことで動きにくくもなるので非常に重宝されています。
特に良く使われる目印が工事現場かもしれません。
工事現場を示す目的としては、危険な場所ということになります。
工事自体は危険ではなくてもそれを示すことと意識付けさせたいということですね。
例えば水道工事をしている場所を示しておかないと夜などは、マンホールに落ちてしまう可能性もあるわけです。
それから、最近ではカラーコーンのバリエーションが増えたことからイベント場所などを示している店舗も目立ちます。
例えばセールコーナーなどに大きめのカラーコーンを置いて目立たせる工夫をしていたりしますね。
カラーコーンを注意という先入観があるので、導入当初は、戸惑いを見せる人も多かったようですが、徐々にカラーコーンイコールイベントという認識をもたれるようになっているおうです。
カラーコーンはいわゆる人の代わりになるという意味で非常に重宝されているというところではないでしょうか。